扁桃腺炎持ちの方にも防風通聖散はおすすめできます!

扁桃腺炎持ちの方にも防風通聖散は効果的

冬は戦々恐々としますね。
私も扁桃炎持ちで、「次やったら焼こうか?」なんていわれることもしばしば。いやいや、扁桃腺だって必要だからついているんですし。そんなわけで、腫れて高熱、喉の奥が真っ白になったら抗生剤のお世話になることも度々です。

しかしながら、抗生物質の使い過ぎもよくない! と言いますし……もうよくなってきたから、一週間なんて飲み続けなくっても、大丈夫なんじゃないかな? と甘い考えで途中リタイアをしたところ。な、なんかいつまでたっても治りきらない。

とはいえ、「抗生物質途中でやめた」と言いながらのこのこ医者に行くのもどうだろう、と考えました。
そこで、市販されていて扁桃炎に効きそうなものといえば、防風通聖散ですね。

簡単に調べてみたところ、防風通聖散というものが引っ掛かりました。ドラッグストアに出かけていくと、箱書きに「扁桃炎に」と大きくアピールしてあります。お値段も医者でもらうお一式と大差ない! というわけで早速購入。治りかけ扁桃炎に防風通聖散は効くか? 体験談です。

子供のころから割合虚弱児で、粉はオブラートなしで飲み込める自分ですが、これには驚きました。「粉をぬるま湯に溶かして、うがいをしながら少しずつ飲んでください」。はてな、うがいをしながら。
防風通聖散はすきっ腹に、というのは聞きかじりしていたので、半信半疑で、歯ブラシ用兼うがい用のコップに半分ほどのぬるま湯を用意。粉を投入して、菜箸の先で混ぜます。なんだか子供のころにやった練りものの知育菓子を思い出しますね、すごく茶色いお臭がしますが。

支持書きを見た段階では、うがいをした水をそのまま飲むなんて汚いんじゃないか、ということでしたが、湯はすでに茶色く、なんかすごく効きそうな臭いで、一口目。習慣的に吐き戻しそうになるのをこらえて、飲み込むと。なんだかよさそうな気がする! ただ一回目ですぐに良くなるというものではなく、ただ、なんとなく効きそうというので一包飲み下しました。

結構朝食を抜きがちながら、空腹時に飲んでいいというのはむしろありがたいことなんじゃないかと思い、二日目にはうがいして飲むというのも慣れていきました。

効果のほどですが、西洋ほどしっかりじゃないですが、効きました!
三日目くらいで、引っ込んでくれていなかった扁桃腺が、うっすら赤みをなくしていった感じ。その後も、うっすら、といった風ですが、日常生活に困らない程度になりました。

その後調べたところ、アナウンサーさんやウグイス嬢の喉の酷使の後などに使われるそうなので、喉全般効きそうですね。

防風通聖散を飲んで生活を戒めれば体の健康は取り戻せるのです。
今度扁桃炎決戦に備えて常備してあります、防風通聖散の体験談でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です