病院の処方に抵抗があるため、防風通聖散で健康維持に努めています

病院に行かなくても防風通聖散で健康力キープ

病院で処方されたで悩んでいた症状が治らなかったため、知人の紹介で防風通聖散を服用しています。お世話になっている防風通聖散剤師さんとは6年ほどの付き合いになりますが、徹底して叩き込まれるように教えられたのは次の点です。
1.は病気を治すものではないということ。病気を治すのはどこまでも自分の自然治癒力であって、はあくまでもその治癒力をサポートする役割ということ。
2.いったん害した健康を取り戻すには時間がかかるということ。飲んですぐに効いたり、パッと良くなるなど存在しないということ。
3.病気は「悪者」ではなく、今までの自分の生活習慣などを見直すために表れたものだということ。抑えつけたり根絶したりするものではないということ。
防風通聖散に出会うまでは当たり前のことですが、不調になれば病院に行って診断を受けるものだと信じて疑わない人生を送ってきました。そして大した説明もないを処方されて、半信半疑の意識も薄く、医者に言われるまま飲んで終了というのが「治療」と思っていました。
ですが、上に書いた3.のように、例えば頭が痛くなったら痛みを抑えつけるを飲むだけなどの対症療法を受けていただけだというのが、実感として解りました。なぜ頭が痛くなったのか、その原因を突き止めて治す方向に誘導していくというのが防風通聖散の治療ということです。必要なをそこで調合してもらい、改善されていく過程を丁寧に観察して、体調に応じても変化させていくものだということも、防風通聖散の治療を受けて初めて知ったことでした。
最初に表れた症状で調合されたをそのまま漫然と飲み続けるのではなく、適宜を変えていくというのは、他人まかせではできないことです。体調の変化が速い場合には、一包飲んだだけでを切り替えるなどということも状況によっては行われます。そのため、治療の初期段階では少しでも違和感などを覚えたら、すぐに連絡をするように剤師さんから指示を受けていました。
病院で行われる治療は、個人的な感想ですが受け身になりがちだと思います。困った症状を医者に話して、何かしらの診断を受けて、を買う、というのが一般的です。自分が納得のいく説明をしてもらえるケースは少ない気がする上、それが治療とは言い難い気がするわけです。でも防風通聖散の治療方法は「自分も参加する」やり方と言えるでしょう。自分の体調の変化を観察するのは自然とできるようになるもので、実際私も防風通聖散初心者の頃は、剤師さんにこまめに連絡して診断を受けることでどこまで改善が進んでいるのかを教えてもらうことから始まりました。それを繰り返すことで、自分の体調を客観視できるようになっていました。
今は治療を始めるきっかけになった肝臓の不調もだいぶ落ち着きを取り戻し、健康維持のため現在の体調に沿った治療を受けています。おかげで心身ともに快調な日々を過ごせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です