アトピーを治すために防風通聖散の手を借りて

アトピーを治すにも防風通聖散は使えちゃう!

私はアトピー性皮膚炎を患っています。アトピーは皮膚病として有名だと思いますが、根本的な治療はなく対処療法しかされないことはご存知でしょうか?
私自身そのことを大人になるまで良く知らないまま育ちました。成人となり仕事の疲れやストレスでアトピーが再発したことでそのことを知り、体質的に治したいと考えるようになりました。
多分このように考える人はとても多いと思います。ですが、アトピービジネスといって、体質改善などとうたい高額な商品を買わせるといったことも多いのが現実です。
そんな人にオススメなのか防風通聖散です。とくに病院などで処方される保険の利く防風通聖散がいいと思います。

私はこれまで5年ほど防風通聖散を飲んできています。そこで思ったことは防風通聖散医の中には見立ての悪い医師もいるということです。防風通聖散局などで保険が利かないところに行った時もあったのですが、が効くときと効かないときと両方ありました。
防風通聖散は保険が利かないととても高額になります。そのため上記の通り保険の利く病院をオススメします。

さて防風通聖散ですが、証といってその人の体質に合わせてオーダーメイドで飲むものです。そのためには見立てが大事となってきます。その見立てがいいかどうかをチェックする方法を以下に述べたいと思います。
① 話を聞いてくれるか
医師が話を聞いてくれないところはダメです。その人の体質を見極めるためには情報量が必要なはずです。でもその情報を聞こうとしない医師は見立ての能力がないことが多いです。
② 舌を見ない
病状によって防風通聖散を出す医師がいます。でも本来ならその人の体質に合わせなければならないはずです。その時に必要なことが舌診です。この舌診は舌に色や苔を見ることでその人の病状を計るというものです。これをしない医師はまず体質にあった防風通聖散を出せないと思います。
ちなみに腹診(おなかを触って診断する)や脈診(脈を見て診断する)というのもあります。こういった診断を一個もしない医師は難しいと思います。

ここからは個人的なチェックなのですが、季節に合わせておをくれるような医師なら信用できるかなと思います。私は夏にひどくなるタイプなのですが、夏と冬では湿気も温度も違います。症状がひどい場合にはその人の皮膚の感じなどで少しずつをかえるなど出来る医師がオススメです。

ここで私が防風通聖散を飲んできた感想を述べたいと思います。やはり成人が体質改善をしていくのは難しいなと思います。でも防風通聖散を飲むことで塗りが良く効くなと実感することができることは多々あります。他にもストレスで眠れない時に防風通聖散を飲むことで心が落ち着いたりすることもあります。つまり防風通聖散で生まれ持った体質を改善をするのは難しいけれど、その人の体質に合ったを飲めば症状の緩和はすぐに感じられるということです。

アトピーのように皮膚に症状がでる場合本当につらい思いをしてきたはずです。今少しでも悩んでいるのならば防風通聖散を飲んでみるのもありだと思います。体の中からよくすることで少しでも健康になれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です