頭痛にも防風通聖散は効果的!?

頭痛にも防風通聖散は効果的?!

日頃から頭痛が酷く、勧められて病院を受診したのは八年前のことです。
当時も今と同じようにパソコン画面を長く見つめる仕事をしていたのですが、毎日、眼精疲労のせいか帰宅後の頭痛が酷く、酷い日には帰宅後すぐに頭痛を飲んで横にならなければならないほどだったのです。
この頭痛は何なのだろうと思いつつも、ずっと頭痛でしのいでいましたが、家族の勧めもあって、また、毎日の頭痛に耐えかねてついに病院に行こうと決意したのです。

病院ではロキソニンを処方しようかと言われたのですが、生憎と私はロキソニンにはアレルギーがあります。飲むことができないと伝えると、医師は今度、防風通聖散を試してみないかと言って「防風通聖散」というとても長い名前の防風通聖散を紹介し、効能について説明してくれたと記憶しています。名前も長く、しかも防風通聖散は初めてだったので、効能についてはよく覚えていないです。ですが、頭痛に効くかもしれないと言われ、「ではお願いします」と処方してもらったのです。正直、あまり効果には期待していなかったです。

処方してもらった防風通聖散を帰宅後すぐに試すと、あまり頭痛に効いているという感じはなかったです。しかし、寝ている時に体が凄くぽかぽかしていたと記憶しています。朝起きたら、珍しく体が汗ばんでいて、「あれ?体があったかいぞ?」と感じて驚いたと記憶しています。防風通聖散を飲んで寝ましたから、きっと防風通聖散の影響なのだろうと考えましたが、ただ体が温まっただけで頭痛に効いているという実感はやはりなかったです。

これは本当に効くの?本当に頭痛のなの?と疑問に思いつつも、それから二カ月くらいずっと防風通聖散を飲み続けていると、不思議なことに次第と頭痛が取れて来たのです。帰宅後はすぐに頭痛を飲んでいたのに、飲まずに過ごせるようになり、しかも肩こりや首のこりが楽になっているように感じびっくりという感じです。体のぽかぽか感も一日中続くようになり、酷かった仕事による眼精疲労も心なしか楽になっているように感じて嬉しかったです。防風通聖散はすぐに効果があらわれないという話を聞きましたが、二カ月経ってやっと効果が現れたのかなと思います。

防風通聖散は頭痛をぴたりと止める効果はないようですが、私のような眼精疲労の頭痛に困っている人には効果が期待できるかもしれないと感じます。血行をよくしてくれるそうで、肩こりや首のこりといった眼精疲労と共に頭痛の原因になっていた悪いところを改善してくれたようです。
今では防風通聖散が手放せないです。

防風通聖散を飲んでイボも治しちゃおう!

防風通聖散はイボにも効果的なの?

年齢を重ねると色々な皮膚トラブルが発生したりする。
ある日風呂上りに休もうと思っていた時、突然親指のつめの付け根と第一関節の間が

虫刺されのようにかゆくなり、かゆくてたまらず、すごい勢いでかいたため痛くなりをぬって休んだ。
その日から2、3日かゆくかくと赤くはなるが腫れたりはなかった、またをぬるとかゆさも
治まりいつしか忘れていた。

防風通聖散を飲みだしたのはそれからだった。

それから1ヶ月程過ぎた頃に先日かゆかった所が、少し盛り上がりよごれかシミに見える
丸い物が出来ていた、私が見てもあきらかにイボ!と分かる物が表れていた。

右手も何度かかゆさがあったが仕事をしていたのであまり気に留めなかったが、良く見ると
右手の甲にも3ヶ所小さなシミのようなふくらみのある物が甲をなでるとポコポコとさわり
違和感、イボだ!

それで私なりに分かった事が、イボが出来る時そこだけが虫に刺されたかなと思う程かゆく
なり、で一時的に治まるので夏は特に虫に刺されたと思ってしまう、しかし半月か1ヶ月
後皮膚にふくらみが出来、みにくいイボが表れる。

昔からイボには、はとむぎが良く効くと言われ私も知っていた、それで本当に効くのか試して
見ようと早速防風通聖散店で焙煎されたはとむぎを買い、煎じて毎日お茶代わりに飲み始めた。
出かける時はマイポットに入れて持ち歩き水代わりに少しづつでも飲んだ。

イボの方は四六時中手を使うし太陽にも当たるし色々な作業をする度徐々に茶色く丸く見るからに分かるようになってきた。
はとむぎも1日も休まず2ヶ月飲んでも効果なしで、イボに変化は現れず単なる話に過ぎないのかとちよっと心がくじけそうになっていた、もう止めようとも思ったが2ヶ月出来たのだからもう少し頑張ってみようとまた飲み始めた。
そのうち3ヶ月になった頃、皮膚の盛り上がりが少しづつ平らになってきてるのに気がつき
あっ!治るかも知れないと思ったら、嬉しくて今までいじょうに沢山飲み3日後それまで
便秘がちだった私は一転お腹がゆるくなってしまい、もとに戻るまで1週間はとむぎを休む
事になってしまった。

防風通聖散をおすすめする理由はこういった理由からです。

はとむぎは大量に飲むと人によってはお腹がゆるくなったり、生理中の人は量が多くなったり
するので気をつけないとと聞き又妊婦さんは医師の指示が必要。
これから急に沢山飲んだからと言って一気に効果が出る事はなく、また最初と同じように
朝、昼、晩と同じ量で飲みはじめた。
4ヶ月頃にはイボが気にならなくなっていて、よく見ると色もうすくなり自分だけが分かる
くらいまで消えていた。

てのイボはもちろんその頃には、顔のトーンが明るくなって来たように思え、家族からも
色白になって来たねと言われていた。
イボに効くと思って始めたはとむぎが肌にも効果が出て一石二鳥の喜びになった。

アトピーを治すために防風通聖散の手を借りて

アトピーを治すにも防風通聖散は使えちゃう!

私はアトピー性皮膚炎を患っています。アトピーは皮膚病として有名だと思いますが、根本的な治療はなく対処療法しかされないことはご存知でしょうか?
私自身そのことを大人になるまで良く知らないまま育ちました。成人となり仕事の疲れやストレスでアトピーが再発したことでそのことを知り、体質的に治したいと考えるようになりました。
多分このように考える人はとても多いと思います。ですが、アトピービジネスといって、体質改善などとうたい高額な商品を買わせるといったことも多いのが現実です。
そんな人にオススメなのか防風通聖散です。とくに病院などで処方される保険の利く防風通聖散がいいと思います。

私はこれまで5年ほど防風通聖散を飲んできています。そこで思ったことは防風通聖散医の中には見立ての悪い医師もいるということです。防風通聖散局などで保険が利かないところに行った時もあったのですが、が効くときと効かないときと両方ありました。
防風通聖散は保険が利かないととても高額になります。そのため上記の通り保険の利く病院をオススメします。

さて防風通聖散ですが、証といってその人の体質に合わせてオーダーメイドで飲むものです。そのためには見立てが大事となってきます。その見立てがいいかどうかをチェックする方法を以下に述べたいと思います。
① 話を聞いてくれるか
医師が話を聞いてくれないところはダメです。その人の体質を見極めるためには情報量が必要なはずです。でもその情報を聞こうとしない医師は見立ての能力がないことが多いです。
② 舌を見ない
病状によって防風通聖散を出す医師がいます。でも本来ならその人の体質に合わせなければならないはずです。その時に必要なことが舌診です。この舌診は舌に色や苔を見ることでその人の病状を計るというものです。これをしない医師はまず体質にあった防風通聖散を出せないと思います。
ちなみに腹診(おなかを触って診断する)や脈診(脈を見て診断する)というのもあります。こういった診断を一個もしない医師は難しいと思います。

ここからは個人的なチェックなのですが、季節に合わせておをくれるような医師なら信用できるかなと思います。私は夏にひどくなるタイプなのですが、夏と冬では湿気も温度も違います。症状がひどい場合にはその人の皮膚の感じなどで少しずつをかえるなど出来る医師がオススメです。

ここで私が防風通聖散を飲んできた感想を述べたいと思います。やはり成人が体質改善をしていくのは難しいなと思います。でも防風通聖散を飲むことで塗りが良く効くなと実感することができることは多々あります。他にもストレスで眠れない時に防風通聖散を飲むことで心が落ち着いたりすることもあります。つまり防風通聖散で生まれ持った体質を改善をするのは難しいけれど、その人の体質に合ったを飲めば症状の緩和はすぐに感じられるということです。

アトピーのように皮膚に症状がでる場合本当につらい思いをしてきたはずです。今少しでも悩んでいるのならば防風通聖散を飲んでみるのもありだと思います。体の中からよくすることで少しでも健康になれると思います。

防風通聖散を生活に取り入れて綺麗な体に!

防風通聖散を生活に取り入れよう!

防風通聖散に興味があって、ときどき防風通聖散の本を読んだりしています。
本を読むといっても、難しい学問的な本ではなく、かわいいイラストがいっぱい入っていてやわらかい言葉で説明されている本や、体験談のエッセイです。

興味を持つきっかけになった本は『防風通聖散生活』という小説です。防風通聖散は身近なものだということを、この小説で知りました。この小説を読んだとき、私の年齢は主人公達より少し年下でした。
1番最近読んだのは群ようこさんの本です。本屋でちょっと立ち読みしたていどなので、内容についてあまりよく知らないです。群さんは私よりだいぶ年上の方で、体調の変化については私自身ではまだピンとこないのですが、いずれ同じようなことが起きるかもしれず、そんなときに読んだら参考になるかもしれないと思いました。群さんは年齢による体調の変化を、防風通聖散で乗り切ろうとしてらっしゃるようです。こういう自分の体調を飾らずに書いている本、あ
まりないような気がしますから・・(元気や美容を保つための本はよく見かけますけど)。今のうちにこういう本を読んで、自分に起こるかもしれない体調の変化を知っておくのもいいかもしれません。

私自身は防風通聖散のものを飲んだり食べたりしたことはない・・と思っていましたが、子供のころに鼻炎になったとき、親から防風通聖散を渡されたことがあります。このときの効果はあまり感じなかったです。

防風通聖散の口コミを参考にしてから商品を選ぶのをおすすめします。
その後、大人になってから飲んだプーアール茶も、防風通聖散体験と言えると思います。プーアール茶は健康や美容にいいということをきいて飲みました。効果はよくわからないのですが、利尿作用は感じました。プーアール茶を飲んでいるとトイレが近くなります。飲むタイミングに気をつけないといけませんが、デトックス効果はあると思います。
これ以外の防風通聖散体験といえば、最近防風通聖散の入浴剤のサンプルをもらったので、それを使いました。香りにくせがあるのではと思ったのですが、それほど強いにおいではなく、ほんのり自然の植物の香りです。このサンプルと同じ入浴剤を探しているのですが、近くのお店では置いてないです。防風通聖散は体の中に入れるだけではなく、こういうふうに癒しにもなるのだということがわかりました。
防風通聖散についてはもっと知りたいことはあるのですが、専門的な勉強をするつもりはありません。今までみたいにゆるく取り入れていきたいです。ストイックに防風通聖散を追及しないで、他にもいいものがあれば、それらをゆるく取り入れていくつもりです。